眠くならない花粉症治療薬:新宿区|アレルギー科専門サイト

東京都新宿区西新宿1-11-11 河野ビル3F  Tel 03-6304-5253

眠くならない花粉症治療薬

花粉症治療は眠くなるから困ると、お悩みの方も多いと思いますが、病院で処方される薬の中には、眠気のない薬もあります。以前から使われていた第一世代抗ヒスタミン薬は鼻炎の風邪薬の成分で、くしゃみ・はなみずを止めますが、眠気が強く、口が乾き、緑内障や前立腺肥大のある方には使えません。なお、市販薬の多くは第一世代抗ヒスタミン薬です。
新しい第二世代抗ヒスタミン薬は抗アレルギー薬とも呼ばれていて、副作用を軽減し、ほとんど眠気がない薬もあります。抗アレルギー薬にはアレグラ、エバステル、アレジオン、クラリチン、アレグラ、アレロック、ジルテックなどがあります。目安をあげると、効果を3段階に分けると以下のようになります。

抗アレルギー薬について

処方 眠気 効果 効果段階
アレグラ 1日2回 ほとんどない 強い 2
クラリチン 1日1回 ほとんどない やや強い 1
エバステル 1日1回 ほとんどない 強い 2
アレジオン 1日1回 ほとんどない 強い 2
アレロック 1日2回 あり かなり強い 3
ジルテック 1日1回 あり かなり強い 3

最近の抗アレルギー薬は、眠気が少なく、1日1回の内服でコントロールできるものが増えています。眠気が少なく、1日1回の内服できるものとしてはエバステル、クラリチン、アレジオンなどがあります。ステロイドの内服薬(セレスタミン、リンデロン)は眠気がほとんどなく、非常に効果が強い薬です。医師の指示通り短期間飲む場合は、副作用もでることはまずなく、安全性が高い治療法です。内服薬以外の花粉症の薬は眠気はなく、効果的です。

鼻汁、鼻づまりが強い場合

点鼻薬(フルナーゼ、ナゾネックス)を使用します。直接粘膜に働くため、眠気がないのが利点です。

鼻づまりが強い場合

ロイコトルエン拮抗薬(オノン、シングレア)やトロンボキサンA2拮抗薬などの薬剤を併用することもあります。 鼻づまりが非常に強い時にだけ使う点鼻薬の血管収縮薬(トーク)もうまく併用します。これらの薬も眠気はありません。 目のかゆみが強い場合 抗アレルギー薬の点眼薬(パタノール、ザジデン)を使用します。目のかゆみが特に強いときはステロイド点眼薬(フルメトロン)を短期間使用します。点眼薬には眠気はないです。

漢方薬は、眠気はなく、花粉症に対しては症状の緩和だけでなく、全身の体質改善も期待して使うこともあります。小青竜頭などがよく使われます。

以下のような症状の方はお気軽にご相談ください
 

アレルギー性鼻炎、花粉症、アレルギー性結膜炎、アレルギー疾患

PAGE TOP